フリーランスの福利厚生の現状と展望

一般的に、企業に就職して仕事をしていると手厚い福利厚生を受けることができる。
傷病時や出産や育児に関する手当の支給がある場合も多く、そういった手当がない場合にも任意で提携先と安価に加入できる場合が多い。
共済組合の活用によってその拡張を行うのもできるため、自分の望んだ程度までカバーしてもらうように容易に手続きできるのである。

一方、フリーランスである場合にはそう簡単ではない。
自分で福利厚生について準備しなければならないのである。
個人事業主として登録してあれば、いくつかの団体に加入することが可能であるが、選択肢はそう多くはないのが実際である。

最近では、仕事の契約先によってはその企業の共済に加入する権利を与えてくれたり、それとはまた別枠で福利厚生を整えてくれる場合もある。
しかし、その契約をしている期間だけであったり、長期の契約を結んだ場合に限るものであって、フリーランサーとして自由に仕事を選んでいけるメリットが少し減ってしまうという欠点がある。

一方、クラウドソーシングを行っている場合には、そのサイトに登録することでライフサポートを受けられるケースも現れてきている。
しかし、総合保障としては充実度が低い場合やオプションが少ない場合が多く、企業に勤めるのに比べると見劣りしてしまうのが現状である。

フリーランスという働き方には魅力が多い一方このように大変な面もある。
それをうまく乗り越えて快適なフリーランスライフを描いてほしい。
こちら、参考に貼っておく。「フリーエンジニアのための共済のススメ