IT系にあるキャリアパスの方向性

エンジニアが思い描くキャリアパスとして一般的な道は、次のようになっている。
IT系の企業に就職してプログラマとして開発の最先端に携わり、システムエンジニアとしてより広くを鳥瞰できる立場となる。
そしてプロジェクトリーダーとしてプロジェクト全体を統括するようになり、最終的にはプロジェクトマネージャーとなるというものである。
これはいわば王道であり、IT業界で生涯活躍していくためのモデルといえるキャリアパスである。

もう1つの道として人気を集めているのが、フリーエンジニアとなる道である。
この場合にはあるタイミングで引退を考え、企業に転職してリーダー格のポジションを得るのが一般的な道である。

一方で、フリーエンジニアとして様々な企業と交流してきた経験を生かして、ITベンチャーをたち上げるという道を選ぶ人も増加してきており、フリーエンジニアを準備期間ととらえてITベンチャー起業を目指すというキャリアパスも生まれてきている。

このようにエンジニアが仕事を行っていく道として、実際の開発に関わる立場から、指導者としての立場に切り替わるというのが一般的である。
その形として既存の企業においてチームを統括する立場となるか、新しく自分でITベンチャーをたち上げて指導していくかという選択肢が存在している。
ベンチャー起業という選択ができるかどうかは、一企業として大成させられるほどのアイデアがあるかどうかにかかっており、フリーとして働いているとそのきっかけを得られる可能性が高いのである。