ITベンチャー起業に至るキャリアパス

ITベンチャー起業をして成功する道を思い描くのは、エンジニアにとって1つの夢である。
非常に優秀な人であれば、学生の頃から起業して成功を収めるということもあるが、なかなかそういった卓越した人材というのはいるものではない。
ITベンチャー企業をおこすためには相応の準備期間が必要になり、適切なキャリアパスというのが存在するのである。

エンジニアとしての経験を積むことによってどういった問題が世の中に存在し、どういった解決法があるのかということを知っていくことが可能である。
こういった現場での知識を習得することが新しい技術を生み出すには必要最低限のことであり、就職して現場で働く以外には、インターン等に積極的に参加する程度しか手だてはない。
したがって、一歩目の道はシステムエンジニアとして企業で働くという道になる。

次に、実際に組織を動かすということはどういうことなのかを身をもって学ぶことが大切になる。
そのためには、フリーエンジニアとなるのが容易な方法である。
自分で依頼を獲得し、請け負った依頼を適切な方法で遂行して顧客の評価を得るというプロセスを、最初から最後まで自力で経験するのである。
そうすることによって、組織を運営していく上でどういった人材が必要であるかを学び取ることができるのである。

ここまで準備ができれば、次は起業である。自由に時間が使いやすいフリーエンジニアである間にITベンチャーとしての準備をしていけば、効率的に起業に結びつけられるだろう。